LINEモバイル 速度 評判 比較まとめ

シェアする

line_width

LINEモバイルとは

LINE株式会社が2016年9月に始めた 格安SIMサービスです。
最低月額料金 500円からと安く またLINE、Twitter、Facebook、Instagram使い放題プランや LINE MUSICと組み合わせたプランも使えまるのが特徴です。
(LINE MUSICに別途申し込むより 安い料金プランとなっています。)

LINEモバイルの回線について

LINEモバイルは DOCOMO回線を利用している格安SIMサービスです。
DOCOMOの回線を使っているだけあって、回線の状態は良好で 特に悪い評判はありません。

LINEモバイルが使えるスマホ

LINEモバイルはDOCOMO系の回線を使用しています。
そのため、DOCOMO系のSIMロック解除されたスマホか フリーSIMスマホを利用できます。
詳しくは動作確認済み端末ページから確認できます。

スマホを 所有していない方

動作確認済み端末ページを参考にして、購入すればよいですが、注意点があります。

・docomo系のスマホか フリーSIMスマホを選択して下さい。
 (LINEモバイルはDOCOMO系ですので auやソフトバンク系のスマホは使用できません。)

特に購入したいスマホを決めてない方には ASUSのZenFone 3 Max ZC553KL SIMフリーが オススメです。

LINEモバイルが使えるiPhonenについて

・SIMフリーのiPhoneの場合は、iPhone5以降で使えます。
・DOCOMOのiPhoneの場合は、iPhone5以降で使えます。(SIMロック解除が必要)
・auのiPhoneの場合は、使えません。(au系のスマホの場合、mineonの格安SIMが使えます。)
・ソフトバンクのiPhoneの場合は、使えません。(ソフトバンク系のスマホは基本的に 格安SIMを使えません。)

LINEモバイルで使えるSIMカードのサイズ

LINEモバイルでは標準SIM(横15mm*縦25mm)、microSIM(横12mm*縦15mm)、nanoSIM(横8.8mm*縦12.3mm)、と全てのサイズのSIMカードを利用できます。

申し込む前に動作確認済み端末ページ等を参考にして、お使いのスマホのSIMカードサイズを調べてください。
SIMサイズは変更できますが、デメリットがありますので ご注意下さい。

LINEモバイル SIMサイズ変更時のデメリット

・新しいSIMカードが郵送されてくるまでの約1週間、データ通信や通話ができなくなる
・手数料として3000円かかる。

LINEモバイルのプラン

データ容量 データ通信のみ データ通信+通話 データ通信+LINE MUSIC データ通信+通話+LINE MUSIC
1GB 500円 1200円 なし なし
3GB 1110円 1690円 1810円 2390円
5GB 1640円 2220円 2390円 2390円
7GB 2300円 2880円 2700円 3280円
10GB 2640円 3220円 2940円 3520円

管理人の おすすめプランはデータ通信1GB(500円)、データ通信3GB(1110円)、データ1GB+通話(1200円)、データ3GB+通話(1690円)です。

LINEモバイルの通話料金

LINEモバイルの通話料金は20円/30秒が基本料金となります。
いつでも電話アプリを利用した際は 10円/30秒となります。
110分電話かけ放題オプション(月額880円)に加入している場合は、10分以内の通話は料金がかかりません。

詳しくは下記の「LINEモバイルのオプション料金」を参照下さい。

LINEモバイルのオプション料金

LINEモバイルのオプションは3つあります。

端末保障オプション

LINEモバイルで購入された端末は月450円、1回目5000円 2回目8000円まで保証されます。
保障期間は3年間、年2回まで ご利用可能です。
交換端末は約2日で届きます。

自分で購入された端末は月500円、1回目4000円 2回目8000円まで保証されます。
保障期間は3年間、年2回まで ご利用可能です。
交換端末は約2週間で届きます。

通話料金が半額「いつでも電話」(無料オプション)

アプリ「いつでも電話」を使うだけで、通話料が20円/30秒から 10円/30秒になります。
「いつでも電話」オプションは申し込み不要で利用可能です。

10分電話かけ放題オプション

「10分電話かけ放題オプション」は月額880円で利用できる かけ放題オプションです。
「10分電話かけ放題オプション」はアプリ「いつでも電話」を使うことで 10分間通話料金が無料になります。(10分を超えると通話料金が発生します。)

LINEモバイルのデータ容量の繰越

LINEモバイルは余った容量を来月に繰り越すことが出来ます。
ただし、再来月には繰越できません。

LINEモバイルの支払い方法

LINEモバイルではクレジットカード支払いとLINE Pay支払を選択することが出来ます。
格安SIM各社は ほとんどクレジットカード支払いのみの対応なので、コンビニでチャージできるLINE Payが使えるのは クレジットカード持ってない方にもありがたいですね。

クレジットカードを持ってないけど、この機会に持ってみたいという方には 1%ポイントバックされる楽天カードを オススメします。
今なら入会特典で5000円分以上のポイントがついてきますので お得です。

LINEモバイル メリット

18歳以上の方の場合、LINEの年齢制限が解除される

DOCOMO、au、ソフトバックで契約していないスマホを使う場合、LINEの年齢確認に引っかかってしまいまが、LINE SIMを使っていれば年齢確認に引っ掛かりません。
これはDOCOMO、au、ソフトバックの年齢認証機能を使っているため DOCOMO、au、ソフトバックと契約してないと 年齢認証ができないためです。

そのため、mineoや DMM等の格安SIMを使っていると LINEのID検索に引っかからないため 友人に追加してもらう時など苦労します。
現在、格安SIMを使っていて LINEの年齢確認に引っかからないようにするには LINE SIMを使う以外にほうほうはありません。

DOCOMO系なので、スマホが準備しやすい

LINEモバイルで使用できるスマホはDOCOMO系か、フリーSIMに限定されますが DOCOMO系のスマホが使えるため 選択肢は豊富です。

解約金が安い!

LINEモバイルではデータ通信の解約は無料です。
通話のあるプランのプランは1年以内の場合12800円ですが、1年以上たつと3000円になります。

余ったデータ容量をプレゼントできる

LINEモバイルでは余ったデータ容量を LINEの友人に送ることが出来ます。
その際に、LINEアカウントとの契約者連携・利用者連携が必須となります。
送る側だけでなく、受け取り側も必須となるので注意して下さい。

デザリングを使える

LINEモバイルではデザリングを使えますが、機種が限定されています。
・SIMフリー スマホ全て
・SIMフリーかDOCOMOのiPhone
・iPhone5以降の機種のiPhone

以上が LINEモバイルで デザリングできるスマホとなります。

データ使用量を使い切っても データ通信が仕様できる

データ使用量を使い切ると、200kbpsの制限がかかるものの 使用すること自体には問題ありません。

LINEモバイルまとめ

・LINEやSNSをメインに使う人向け
・通話は基本的にSkype等の無料アプリを使わないと、通話料金が発生します。
・格安SIMで悩んだら、LINEモバイルが無難